2000年07月16日

ガメラ生誕40周年記念イベント09の巻。


五回目は・・・




43スケジュール.jpg
ロフトプラスワン野外イベント? ガメラ関係ないじゃん。 帰ろうかな・・と思ったらあと二分で開始か。 じゃあ見ていくかなぁ。 ゲストは唐沢俊一、開田裕治、中野貴雄か。 誰だろう。
44オヤジ共.jpg
って四人いるじゃないか! 右から唐沢俊一、中野貴雄、開田裕治、加藤礼次郎。 唐沢さんの方は最近テレビでよく見ますな。 こうしてみるとキャラがはっきりしてて絵に描きやすそうな4人だ。 まー・・話は・・ ただの特ヲタのバカ話。 いい意味でクソオヤジどもだ(笑 喋り慣れてるっていうか、もう喋りたい事がいっぱいあるんだろうなぁ。 耳に入るが内容が脳に届かない。 マシンガントークのお陰でわけがわからぬ。 「レギオンの時、あのガメラは自分が求めてるガメラじゃないと思ったんだよねー」 「なんで?」 「レギオンの頭のとがった部分あるじゃない」 「うん」 「あれをもぎ取ったとき、木琴のようにたたいてほしかったんだよねーw」 「ジグラがガメラを突き刺すシーンは、  監督がジグラを脇に抱えてガメラを何度も何度も突き刺したんだけど  監督が、"よくしなねーな"って呟いたらしいよw」 「ガメラの火炎放射の時、もう顔がちりちりに焼けてんだよねw」 「明らかにガソリンがぴゅーぴゅーって出てw」 「ガメラってゴジラと違って、ヤクザのケンカみたいじゃん」 「あー分かる分かる、そこらで突然始まる感じだよね」 「強盗が金とってる横でガメラが出てきたり、人間の描写もいいんだよ  強盗は目の前の危険より金を漁ってて結局人間ってそうなのかって」 「ガメラって何度もやられるけど、やられるときに弱点を探してるのがいいよね  ヨンガリの時もよかったな」 「そうそう、最初はちっこくて子供の前で踊ってるんだけど  大きくなって、アンモニアが弱点なのを見つけると、ヘリでぶっかけて  痒い痒いってかきむしって死ぬんだよねw」 「ケツから血流して死ぬんだよなwそれを子供が笑ってんのw」 「このガメラは捨てないでほしいなぁ」 「捨てないんじゃない?」 「いや撮影所とかでよく捨ててあるじゃん」 「あぁ、こないだいった時、メフィラスでつかった地球が捨ててあったよ  あれなんですか?って聞いたら地球ってw  なんか地球が捨ててあるなんてシュールだったよw」 「でも、突然使いまわすんだよね」 「そうそう!韓国のドラマでキョウダインのバイクが使われてたときはびっくりしたよww」 こんな感じでバカ話が続きました。 殆ど覚えてないです('A`) カンペもった人が、黒子って知らないのですか?と言いたいほど 前に出てきて、「そろそろしめてください」というカンペを4人に見せ、 やはり流石・・と言うほど話の流れももっていき終了。 いや面白かった。聞きやすい話は面白いね。 つーか、ロフトプラスワンってディープずぎですな(;´д`) んで四人はこんな人々だった模様。 唐沢俊一 トリビアの泉の元ネタになった人。現在もスーパーバイザーをしているそうな。 中野貴雄 この人・・地下に潜ってろよ!(笑 開田 裕治 絵師。宇宙船の表紙を八年間も担当してたり、かなりすげー人だのぅ。 加藤礼次朗 漫画家。現在は特撮エースで連載をもっている。 あーすごいメンツだったんだな・・(汗 出てくる引き出しが多すぎだと思ったんだよ・・。 次へ


posted by とほ。 at 00:00 | レポ-イベント(特撮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。