2020年10月23日

セイバーの赤の巻。

フィギュアーツの仮面ライダーセイバーが
現在TNTとアキヨドなどで展示されておるのですが
アキヨドで飾られているセイバーが製品版に近いのか
形成色と塗装の配分や色味など
仕様がよく分かるサンプルとなっております。
という訳で少し撮ってみました。

I prohibit reproduction or republication. 
If you want to spread my Article, please place only the URL of the site.



胸のパーツのかみ合わせに少し隙間が空いているのは
製品では接着はされているんでしょうが簡単にバラせそうで
拡張を匂わせる感じがします。
他のフォームも考えられているんでしょうが
実際だしてくれるフォームはどんなもんになるのか。
ブレイズとの組み換えは出来そう。

特徴的な炎のようなマスクは
グラデーションも綺麗で造形もシャープで
とても良かったです。

個人的に気になったのは肩と胴の透けそうなプラパーツの赤。
先にTNTのデコマスを見てしまったせいかちょっとガッカリ。

サイドアーマーはベルトに接着されているのか
剣を突き出したポージングをしているサンプルは
サイドアーマーが後ろ側に向き
ベルトが中心から少しズレていました。
少し不格好になっているかもしれませんが
あまり可動に妨げにはならなそう。



posted by とほ。 at 00:00 | Comment(0) | AKIBA巡回 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。