2018年09月12日

親愛なる地獄からの使者の巻。


eafae090-b6c6-11e8-b527-066689d1031c

6109cee0-b6c7-11e8-af1d-02667a6ec36c

30fc9fb0-b727-11e8-9cc2-025d9f72bea0

9a3b85c0-b693-11e8-8625-0a8e307a3f2e

アキヨドで発売日の翌日にパケで購入したんですけども
まさか早期購入特典が同梱されておらず少しローテンション。
DL版買えば良かったかもしれん。

早期購入特典の三種のスーツはゲームを進めていけば
手に入るもののようで一安心ではあったんですが
アイアンスパイダーの姿で早めに駆け巡りたかったので残念。


アイテムやスーツのアンロックを開放する為に必要なトークン稼ぎが
一部シビアで面倒くさい所がちょっと難点ではありますが
ゲームとしては面白いです。

遊んでみた感じとしては
ジェットセットラジオやサンセットオーバードライブのようなタイプのゲームで
移動も爽快感があって楽しい。ウェブスイングも建物に引っかかる事も無くスムーズ。
しっかりファストトラベルもあり限りなくストレスフリーな作りに徹底しているのは感心。
気持ちよさはサンセットオーバードライブに感覚は似てて
とても懐かしい気持ちになりました。

戦闘はアーカムシリーズに強く感銘を受けたと
開発者がいっていた通り、かなり似ています。
ただあっちとは違ってこっちは少し難しいです。
慣れるまでは街のチンピラにまでボコボコにされますが
ある程度、操作になれていくと凄い楽しい。
難しいことしているように錯覚させてくれる操作感がうまいと思いました。

ただ大人数が来ても基本は一人一人倒していくような形になっているので
もうちょっとまとめてノックダウンさせたい所も。

サイドクエストを含めるとかなり結構ボリューム感。
マリオオデッセイとぶっちゃけ全く同じのフォトモードも相まって
かなり楽しんでおります。



posted by とほ。 at 00:00 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。