2000年07月23日

Wヒーローフェスティバルその6



「チーフ、キララが!」「キララ!!」
「魂よ、来たれ・・」

・・・・

「キララ!!」「キララ」

「皆さん・・地球は、救われたのですね」

「ありがとう、キララ。貴方の祈りが通じた」
「希望を捨てずに、互いに信じあう勇気こそが俺達の力だ」
「私も地球のために祈り続けます。ありがとう皆さん。
 また千年の未来にお会いしましょう」

22大団円.jpg
「えぇ??せ、千年?」 「健康には自信はあるが、千年は・・ちょっと、・・な」 「いいえ、いきとし生けるものの煌き。  ほとばしる命の輝きは輪廻転生し永遠に失われる事はありません。  生まれ変わり、平和を守り続ける貴方方と、きっとまた会えるでしょう。  さようなら、皆さん。さようなら・・」 「ありがとう、キララ!」 「ありがとう」 「美しい・・・」 「なんて美しいんだぁ」 「おいおい、二人とも」「いつまで見惚れてんだ」 「置いてっちまうぞ!」
21おわり.jpg
「悪の苦しむ人々や、世界のプレシャスが、俺達を待っている」 「いつの時代を俺たちを信じて、応援してくれる人々がいる」 「人たちのために」 「世界を、人々の為に」 「俺達は、これからも力をあわせて戦い続ける!」 「生きとし生けるものの煌き  ほとばしる命の輝きを信じて」 「地球を守っていこう!」 「よし」 「いくぞ、みんな!!」 「おう!!!」 ---了--- ショーのテンションがまんまボウケンジャーでしたから ボウケンジャーに関して違和感は全く感じませんでしたが カブト陣の違和感は凄まじいものがありましたな。 何度も吹き出しそうになってしまった。 こんな台詞、天道として言うなんて思いもしなかっただろうに。 いやぁしかし、ストーリーが意外にもしっかりしているものなのですね。 こういうショーで人間とは、だの言われるとは思いませんでした。 火薬を使ったり、バイクを走らせたり、高台からのジャンプアクションなど、 室内・・というかドーム内でここまでやってくれるのかと感動。 ボリュームがものすごいあるショーでした。 ⇒次へ ⇒1ページ目に戻る ⇒トップへ戻る


posted by とほ。 at 00:00 | レポ-イベント(特撮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。