2011年01月09日

3DS体験会の巻。


010901ちば.jpg
3DS体験会へ行ってきました。 道中、電車を乗り間違えてしまい ものすげータイムロスしてしまいましたよ。 千葉こわいお。千葉のせいじゃないけども。千葉こわいお。
010902体験会.jpg
会場は意外と落ち着いてる雰囲気。 それより同日に開催されているイベントで来ている客が騒がしい(笑
010903待ち時間.jpg
入り口に各試遊できるゲームの待ち時間が 分かるようになっております。こういうのは有難いですな。 しっかしゼルダ150分かぁ。化け物やな。 かくいう自分も時オカやりたくて3DSに惹かれている訳ですが(笑
010904壁.jpg
会場に入れば壁に埋め込まれた 3DS実機による映像出展コーナーがまず目に入ります。 ちゃんと大人用子供用と三箇所、開けられた穴に3DSが設置されており さらっと皆、覗いてみとりました。
010907ロンチと実機.jpg
ロンチと実機。 3DS実機は飴色で綺麗です。 キャンディ塗装ってやつでしょうかね。 ずらっと並べられたロンチを見るとやっぱ欲しいの無いなぁ。 マリオとかをぶつけて来なかったのは 他メーカーの配慮なんでしょうけどやっぱ寂しい気もする。 とりあえずレントンは売れるんだろうな。
010906並ぶ.jpg
プレイアブル出展ブース。 並んでる並んでる。 まずは飛び出し具合が一番いいと評されていたMGSへ。 これはオートデモだけでしたが デモ中にスライドパッドで視点を動かしたり出来ました。 ・・・・おおぉ・・・・ 3D映画のような飛び出しはねぇだろと 高をくくっておりましたが、これは想像以上だ。 こんな未来技術が手の中にあって 携帯用ゲーム機になっちゃうなんて本当すげーな。 すげーな!!! メガネかけてみる3D映画となんら遜色が無いレベル。 ここまで出来ちゃうもんなんだなぁ。 ・・・・酔ってきたな。酔うわ。 3D酔いってした事ないんだけど何だか酔うわ。 少し横から見てみるとすぐに立体が解けてしまい ボヤけた画面になってしまいます。 まぁ真正面から見なければならないってほどでは無かったですが 激しいアクションゲームにもなればすぐにブレてしまいますし 手にもってプレーってのは難しそうです。 何かしら固定台みたいなのが出れば嬉しいなぁ。 お次に空いていたニンテンドックス。 あー犬猫がこちらに来る感じがよく出ておりますなぁ。 最初に出るゲームには丁度いい。 ただこの手のゲームって終着点はどこになるのかいつも思う。 無いのかな。無いのか。 次は新・光神話をプレー。 列に並んでいる最中にパルテナとピットの掛け合い漫才 もとい操作デモが流れていました。 実際に高山さんと久川さんが喋っていたり 小ネタも多かったりと力が入っているデモムービーで面白かったです。 んで、やってみた感想としては左利きにはやり難いかなぁという印象。 基本操作は単純でスライドパットで移動、Lボタンで攻撃。 タッチスクリーンで照準、視点変更を行うんですが 左利きにはタッチスクリーン操作が曲者。 タッチペンでは無く直接、指で操作すれば感覚も違うんでしょうが 流石にふきふきするスタッフの仕事を増やしてうので出来ず(笑 ちょっと自分には戸惑う所ではありました。 最後にスパ4。斜め上から見れる3Dビューでプレー。 なかなか面白いです。ですが、めちゃくちゃ操作しにくい(笑 下のタッチパネルでお手軽技発動は 携帯ゲームですからいいんじゃないですかねぇ。 スライドパットで技を出すのは 壊れてしまわないか心配になってしまう(笑 手に持って技を出したりすると 3DS自体をかなり動かしてしまう事になるので 3Dがブレブレになるのが少し気になりました。
010905ライブステージ.jpg
ステージ。 ロバートが3DSプレゼンテーションする回をちらっと見る。 いきなり屁をこくひどいステージだった。 司会のおねーさんがなんともいえない(笑 そんで任天堂ゲームミュージックライブ。 初日の評判が滅茶苦茶よかったですから ちょっと期待して前の方で見てみる。 ・・・おお・・・ いいわーすげーいいわー 心に染み渡るなぁ。 途中、戸高一生さんが登場すると最後の曲には何と参加。 ポジションはヴィブラフォンという鉄琴の一種。 カジュアルスーツできりっとした大人の雰囲気がする風貌な方なのですが いざ自分のパートに入ると唖然とするほどの華麗なマレット捌き。 か・・かかかかっこいいぃぃ!!! うわー全然知らなかったけども、この人すげーな。すげーな。 すごい満足。 来た甲斐があったわ。よかった。 そんなこんなで3DS体験会でした。 ファーストインプレッションはなかなかの衝撃。 これは実際に手に取ってみないと感じられない。 もちろんゲームによって飛び出し具合がかなり違いますけども。 散々、言われている通り目は疲れます。 これは裸眼3Dだからという訳では無く 3D映画を見ている目の疲労感と似たようなものだとは思います。 とにかく体験してみてほしい と、それが理解できる親切なイベントでした。


posted by とほ。 at 00:00 | レポ-イベント(ゲーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。