2009年09月29日

東京ゲームショー09その3の巻。


0926tgs0910.jpg 0926tgs0911.jpg
カプコンブース。 相変わらず凝ったブース作りでした。 前回のMH3のような固定客が多い作品が無いせいか 大混雑というほど混雑はしていませんでしたが 当然のように即入場規制で試遊の風景も見れませんでした。
0926tgs0912.jpg
ゴーストトリックのトークステージを観覧。 プロデューサーの竹下博信さんとディレクターの巧舟さんが登場。 巧舟さんは逆転裁判シリーズで有名なゲームクリエイター。 スペシャルゲストとして巧舟さんと同期で仲がいいという クローバースタジオの残党の住処 プラチナゲームズの神谷英樹さんも登場。 神谷英樹さんもまた一部では有名なゲームクリエイター。 デビルメイ、ビューティフルジョー、そして大神を作り 現在はセガで発売が間近なベネヨッタのディレクターをしている方です。 登場するやいなや「魔女裁判!」と書かれた逆転裁判をパロった ベネヨッタ宣伝Tシャツを見せびらかす神谷さん。 すっかりセガの回し者だよ!(笑 巧舟さんも普段は引っ込み思案だそうで裏で酒飲んできただとか。 なんだこのひと。 トークはというとゴーストトリックの話よりも二人の思い出話ばかり。 「昔、神谷くんの顔の前でクシャミをしたら  一ヶ月、口をきいてくれませんでした」 「そりゃだっていくらなんでも  人の顔の前でツバをばーっとは無いでしょう(笑」 「一ヵ月後、神谷くんの自宅にいって謝りにいったら  神谷くんも謝ってくれて」 「悪いなぁと思って(笑」 「ゴーストトリックの企画は五年前には出来てて  それを神谷くんに見せたら何もいってくれないんですよ」 「あ、ごめん。忘れてた。いつ見せてくれたの?」 「いつだっけ」 「タクシューのゲームは大好きなんですよ  こないだもビックカメラでDSの逆転を  全シリーズ買ってやり直してます」 「(照」 新タイトルで勝負する事をお互い延々と称えあってあっていたり なんだこの・・なんだ。本当に仲がいいんだな。 肝心のゲームは何か手間と金がものすごい掛かってるらしい。 金の話になるとプロデューサーの言葉が少しトゲトゲしいのが微笑ましい(笑 開発段階は折り返し地点にやっと入ったとの事ですから 完成を楽しみに待ってみたいと思います。
0926tgs0913.jpg
レベルファイブブース。 まるで生産工場のベルトコンベアに流れる物のように人間を流し 相変わらず限られた人にしかゲームを見せないやらせない。 もうこんな無駄に広いブースなんて必要ないだろう。他に譲れよ。 ■つづく


posted by とほ。 at 00:00 | レポ-イベント(ゲーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。