2019年12月08日

ザヘンシンの巻。

大人向け変身ベルト玩具シリーズ 「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」通称「CSM」「コンセレ」の 初の単独イベント「THE HENSHIN」がベルサール秋葉原で開催され 初日に行ってきました。 今回のイベントはダブルドライバー1.5を含めた物販が多数あり 雨にも拘わらずなかなかの人数が会場周辺に列をなしていました。 自分は観覧目的で向かい並んでいたら、冬の冷たい雨が本降りになり始め 開場時間よりも少し早く列が動き出し入る事が出来ました。 会場の作りは割りと小洒落た雰囲気で 展示の仕方も凝っていて楽しく見させて貰いました、が まぁーーーーーーー・・あっという間に大混雑。 展示にたどり着き、目に焼き付ける事が出来るまで大変でした。 特に未来のライダーベルトコーナーの酷さといったら無い。 「つ」の字のようなコーナー作りになっており 深い所に展示があったもんですから人が流れず溜まる溜まる。 間違いなく失敗してる。 前回の「平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル」の時も 恐ろしい大混雑で今回も似たような事になるんだろうなぁと 覚悟は出来ていたつもりでしたが 予想を上回る混雑さにちょっとたじろいでしまいした。 んで、撮影はまず動画を撮ろうと 会場入りして直ぐに通常ズームレンズで全体を撮影。 この時、未来のベルトコーナーも素早く撮ったのが結果的に良かったです。 次に望遠レンズでポイントポイントのアップを撮影。 この時点でもう全体的に笑えない状況だったんですけども 何かすげぇ混雑してるのにユーチューバーだと思われる人の撮影会が始まり え、本気?え・・?みたいな無駄な人溜まりが出来始めて困惑。 会場出てやればいいのに・・ 最後に写真。 会場を観察していると入場制限が掛けられている事に気づき その切れ間切れ間が、かなりのシャッターチャンス。 参考出品のベルト自体はタイミングを見計らえば スムーズに撮る事が出来ました。 ただやっぱり未来のベルトコーナーだけは酷いまま。辛い。 辛かったとは言え、未来のライダーベルトコーナーは興味深かったです。 薄い透明なプレートにアニメーションを投影するベルトなんかは すぐに使えそうなギミックでしたし スチームを噴射するベルトも迫力があり見応えがありました。 超音波式の水蒸気を発生させる機械も小型化していますから こちらもわりとすぐ使えそうなギミックな気がします。 ホログラムとモーションセンサーを使ったベルトは まだもう少し先の未来かもわかりませんが 変身ポーズをしっかり認識して音声が流れるのは面白そう。 あと混雑はしていましたが スタッフはかなり奮闘してくれていたと思います。 雨で濡れた床は常にモップで拭き、滑らないようにしてくれていましたし スタッフも多く配置され、人数整理も前回と比べるとしっかりしていました。 単純にベルサール秋葉原のキャパ不足だったような気がします。 撮影も済み一旦離脱し、一回みようかなと戻ってみると 「入場まで50分」という文字を見て即踵を返し帰宅。 ベルトだけじゃ弱いんじゃないかと思っていた今イベントでしたが 物語を感じさせる展示内容やジクウドライバーが出来るまでの過程では 金型から試作パッケージまで見せてくれる太っ腹さに ベルトの未来も感じさせてくれましたし楽しかったです。 VOL.1という事で次も色々と期待したい所です。色々と。
posted by とほ。 at 00:00 | Comment(0) | レポ-イベント(立体物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。