2018年06月16日

AKIBAショールーム(06/16/2018)の巻。


I prohibit reproduction or republication. 
If you want to spread my Article, please place only the URL of the site.

20180616-1

20180616-2



20180616-3

20180616-9

20180616-6

20180616-7

20180616-10 20180616-8

20180616-14

20180616-16

20180616-17

20180616-20

20180616-22

20180616-24

20180616-27

20180616-25 20180616-26



20180616-28

20180616-29

20180616-30

20180616-31

20180616-34

20180616-39 20180616-40

20180616-41 20180616-42

20180616-46

20180616-47

20180616-50

20180616-51 20180616-52

20180616-53 20180616-54

20180616-55 20180616-57

20180616-58

20180616-59

20180616-60

20180616-62


今回の主な入れ替えは。
S.H.Figuarts 檀黎斗神 〜神の喜と怒〜
S.H.Figuarts 新檀黎斗 〜新たな哀と楽〜
ROBOT魂 ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググ ver.A.N.I.M.E.

ショップのラインナップにモンスターアーツが追加。
それに伴い巨大な等身大ゴジラ「Human size ゴジラ(1991北海道ver.)」も展示中。
ラインナップは売り切れがすでに出ているので気になっている方は
ショールームの公式サイトをチェックしてから行くと良いかと思います。

話題の檀黎斗も二種類が展示されているのですが
ディスプレイの力の入れように笑ってしまう。苦労を感じさせます(笑
檀黎斗役の岩永さんのサイン色紙も飾られております。
こういったサイン色紙はバンダイ宛か魂ネイション宛が殆どの中、よく見れば
アキバショールーム直々の宛名でちょっとビックリ。こちらに来られたって事かぁ。

そんでツインテールのタッチアンドトライが開催。
造形面は円谷造形部門LSSの厳しい監修をパスしただけの事はあり素晴らしいです。
水中形態やジャックの絡みシーンなど再現する為
可動は見た目以上に動かす事が出来ます。まさに海老のよう。
顔付近はジャックの足にかみつく為の可動がしっかり仕込まれており
頭を起き上らせて多少左右に振れるようにおっています。
水中形態では後ろのパーツを外す事で体を水平に可動させる事が出来ます。

足は絶妙に可動させる事が出来、接地性もあります。
靴底のディテールは芸コマ。この辺も監修の賜物なんでしょうか。
触手は2軸のロール可動。神龍の尻尾のように角度の付いたパーツを
ロール回転させていく事によって表情をつけていく形になっております。
付け根はボールジョイント。

アクションフィギュアとしてのツインテールの決定版といっても過言ではないっていうか
そんな言葉を存在させてしまう事がちょっと面白いっていうか。
グドンも控えていますからジャックを手に入れた方は
間違いなく買って損はないと思います。


でもまぁなんていうかチンコだよね。

posted by とほ。 at 00:00 | Comment(0) | AKIBAショールーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする